白くて綺麗な肌
  • ホーム
  • 水虫と間違いやすい症状とは?

水虫と間違いやすい症状とは?

綺麗な肌

水虫とはカビの一種である白癬菌が皮膚の角質層に寄生することによって引き起こされる皮膚炎であり、ほとんどが足に現れます。
足部分は靴をはきますので蒸れることが多く、雑菌の容易に繁殖するような状態となっていますので注意が必要です。
原因菌にとってはとても過ごしやすい状態であり、高温多湿になる部分には足以外にも起こりやすいと考えて差し支えありません。

水虫と間違いやすい症状に接触皮膚炎があります。
接触皮膚炎は靴下や床に敷いてある絨毯、靴の革の染料などで起こる皮膚炎であり、赤くなってかゆみが出て小さな水ぶくれも見られます。
水泡ができる別の症状では汗疱性湿疹があり、こちらは汗が主な原因です。
汗疱性湿疹になると皮膚が剥けて軽いかゆみも感じるようになります。
よくできてしまうのは足に汗かき体質を持っている人であり、比較的若い人に現れる傾向にあるようです。

皮膚カンジダは水虫と同じようにカビが原因ですが、白癬菌でなくてカンジダという菌が感染して起きる皮膚疾患です。
指の間が白くふやけた状態になりますので、他の症状とは区別がつけられます。
細菌の感染による症状も水虫と間違いやすいのですが、見分け方としてはただれたり悪臭を放ったりするのが特徴的であり、湿った指の間などで増殖してしまうタイプです。
どのような時に起こるのかというと、体調を崩したりして不具合を生じている時に細菌の感染は起こりやすくなっていますので注意しなければなりません。

このように水虫と間違いやすい症状はいくつかありますが、正しい見分け方を覚えておけば自分がどの症状に該当するのかを的確に把握することができますし、誤った対処をして症状を悪化させるようなこともありません。
見た目では水虫とよく似ているとしても別の皮膚疾患であればそれぞれ治療法が異なりますので、水虫用の薬を使ってみても良くならない場合には使用を止めて受診をしなければならないこともあります。

カンジダ症の治療法を紹介

皮膚カンジダについて細かく見ていくと、カンジダ属の真菌による感染症であり湿りやすい部位の皮膚で発生しやすい傾向にあります。
かゆみや腫れ、発疹、うろこ状のくずなどが見られ、病院で診断を受けなければ気付かないこともあります。
きちんと診断してもらうためには、患部を診察して皮膚のサンプルを顕微鏡で調べる必要がありますし、培養して観察をすることで確定できます。

診断を受けたら抗真菌薬のクリームや経口薬による治療によって改善することができますので、治るまでしっかりと治療を続けることが大切です。
問題となっているカンジダ属の真菌ですが、実は一般的に身の周りに存在するものであり、通常は人体に害を及ぼすようなものではありません。
しかし、特定の条件に合致するとカンジダが粘膜や湿潤部位の皮膚で過剰に増殖してしまって症状が引き起こされます。

治療はいくつかの種類によって分けられますが、間擦部位の感染症の場合には抗真菌薬のクリーム、パウダー、溶液などの製剤を皮膚に直接塗って行います。
皮膚を乾燥した状態に保つことで症状を抑えたり改善に向かわせることができますので、治療を始めたらなるべく湿らないように気をつけることが大切です。
乾燥自体に保つことは再発の予防にも役立ちます。

治療薬の一つにカーネステンがありますが、このカーネステンはカンジダに対して有効な薬として有名です。
エンぺシドとも呼ばれ、クリームを塗ると3日~1週間ほどで治すことができます悪化してしまった場合には2~3週間ほどかかることもありますが、皮膚カンジタにとって非常に効果的な薬であることに間違いはありません。
真菌は細胞膜成分であるエルゴステロールを生合成する事によって増殖しますが、カーネステンにはこの生合成の過程を阻害する効果があります。