白くて綺麗な肌
  • ホーム
  • 水虫をうつさないための方法

水虫をうつさないための方法

水虫は痒くて辛く治りにくくしつこい病気、本人の自覚なく人にうつしてしまう可能性が高いため厄介です。
水虫菌(白癬菌)は生命力が強く、患者の剥がれた皮膚についたまま長時間生き続け、知らずに踏んだ人の皮膚に付着して感染し、やがて発症します。
家族に1人水虫患者がいたら、いつのまにか全員にうつっていたという事態になりかねません。
水虫をうつさないためには、患者本人の自覚と注意、そして家族の協力も必要です。

家庭内で水虫が最も感染する確率が高いのが風呂場です。
水虫患者と同じ湯船につかることを不安に感じる方も多いかもしれませんが、お湯の中に菌が入っていても洗い流されてしまうので、入浴でうつることはないのです。
浴室内でうつる可能性がある場所は浴槽の縁です。
患者の皮膚が剥がれてくっついていると、浴槽の縁を踏んだり座って接触することで感染する可能性があるのです。

うつさないためには水虫患者は浴槽の縁に足をかけたりしないこと、そして家族はお風呂から出るとき、しっかりシャワーで全身を洗い流せばほとんど心配はいりせん。
入浴の順番も患者が最後にはいれば安全です。

風呂場で最も感染の危険があるのは脱衣所のバスマットです。
適度な湿気があるため水虫菌が生存しやすいのです。
入浴でふやけて剥がれた患者の皮膚がバスマットに付着して、同じマットを使用することで感染してしまうのです。
水虫をうつさないためには患者とのバスマットの共用は厳禁、タオルなども必ず分けて別々のものを使いましょう。

水虫患者が素足で家の中を歩きまわるとじゅうたんマットやスリッパ、床や畳などにも水虫菌が付着します。
家族がその上を素足で踏むと菌が皮膚についてしまうのです。
うつさないためには、水虫患者は家の中ではできるだけスリッパを履くようにして、スリッパや靴下などの共用は避けましょう。
水虫は靴下を履いていてもうつりますが、履いていれば感染の防止にもなります。
患者以外の家族もスリッパを履くのも良いでしょう。

公共の施設でも水虫感染の危険がある

バスマットやスリッパなどの共用を避ければ感染のリスクは低くなるとはいえ、家の中に水虫菌がある状況は気持ちが悪いものです。
掃除をする際には玄関マットやじゅうたんなども掃除機を丁寧にかけ、不潔になりやすい玄関マットは天日干しして日光消毒するのがおすすめです。
フローリングの床は丁寧に拭き掃除すれば安心です。

水虫菌が好んで生息するのは湿気がこもりやすい靴です。
患者の靴からうつさないためには、洗浄可能なスニーカーなどは洗ってよく乾燥させ、下駄箱の掃除をして通気性を良くしておきましょう。
靴も定期的に天日干しするなどして菌の繁殖を防ぎましょう。

水虫をうつさないためには、使用したバスマットやタオルなどのこまめな洗濯が効果的です。
菌が洗い流されてしまうので、患者の洗濯物を分ける必要もありません。
しかし菌が付着している可能性が高いバスマットの洗濯で不安を感じるという場合には、60度以上の温度のお湯ですすげば菌は死滅します。
洗濯した後は天日干しでしっかり日光消毒しておけば安心です。

水虫は家庭内だけでなく、プールや銭湯など、靴を脱いであがる施設や神社仏閣といった観光地など、公共の場でも感染する危険性があります。
水虫患者が公共施設を利用する場合は周囲の人にうつさないように、公共の場に設置されている共用のスリッパやタオルの使用をさけ、自分専用のスリッパなどを持参しましょう。
スリッパをはき、履き物を脱がなければならない場合も、できるだけ素足にならないように注意が必要です。

また公共の場で水虫をうつされたくないという人も、公共施設の共用の備品の使用は避けたほうが無難です。
気になる場合は家に帰ってから足をよく洗い、心配なら殺菌効果があるスプレーなどで消毒しておきましょう。