白くて綺麗な肌
  • ホーム
  • 水虫治療薬のアリルアミン系のラミシールについて

水虫治療薬のアリルアミン系のラミシールについて

肌にクレームを入れている女性

アリルアミン系ラミシールはテルビナフィンを有効成分として配合した水虫治療薬です。
ひと昔前まで水虫を完治させることは難しいと言われていましたが、最近は良い薬が開発されており、正しい治し方をきちんと実践すれば、完治させることも不可能ではありません。

水虫は白癬菌という真菌が原因となって発症します。
白癬菌は皮膚の角質を好み、角質に根を張って増殖する特徴があります。
この白癬菌に対して有効な抗真菌薬を使えば治療は可能で、抗真菌薬の中で高く評価されているのがアリルアミン系のラミシールです。
正しく使用し、それと同時にいつも足の裏を清潔にして、乾燥させるように心掛けることが水虫の治し方として重要になってきます。
しかし薬の使用方法が中途半端だったり、自己判断で使用を止めてしまったりすれば、白癬菌は再び、あっという間に広がってしまいます。

アリルアミン系のラミシールは様々な真菌に強い効果を発揮しますが、その中でも特に水虫の原因菌である白癬菌に対する抗菌作用が強い抗真菌薬です。
そのため水虫だけではなく、白癬菌がもとで発症する「ぜにたむし」や「いんきんたむし」にも効果的で、その他に癜風などの治療にも使用することができます。

アリルアミン系のラミシールには、クリームタイプや液体タイプ、スプレータイプなど3種類のタイプの製剤が販売されています。
症状や部位、使いやすさなどを考えながらそれぞれ最適なものを使い分けるようにすれば良いでしょう。
どれかいいのか迷ってしまう方もいるかもしれませんが、どのような症状にも使いやすいのは一般的にクリームタイプです。
特に患部がじくじくと湿潤しているような場合には、クリームタイプが使いやすく無難です。
液剤やスプレータイプは強い浸透力があるのがメリットで、皮膚が厚く角質化しているような場合に効果を発揮します。
ただ刺激が強いのが欠点で、状態によってはしみることがありますので注意しましょう。

有効成分のテルビナフィンについて

アリルアミン系のラミシールの有効成分であるテルビナフィンが真菌に対して効果があるメカニズムはどのようになっているのでしょうか。
簡単にそのメカニズムを紹介すると、テルビナフィンには真菌細胞内のスクアレンの代謝酵素を選択的に阻害する効果があり、真菌内にそのスクアレンを蓄積させることができます。
また同時に細胞膜を構成している成分であるエルゴステロール含量を低下させることができます。
このダブルの効果によって、徐々に真菌細胞膜を破壊していきます。

また、テルビナフィンは持続性が高いために、1日1回の塗布で高い効果を発揮します。
そのため会社に勤めている方などには大変便利で、朝出社する前、あるいは夜寝る前に塗布すれば、仕事中に塗り変える必要がありません。
この利便性は、ひと昔前の治療薬とは大きく異なる点の一つだといえるでしょう。
きちんと使用すれば完全に水虫を治すことができるので、諦めず使い続けることが大切です。

副作用に関しては、塗り薬なので大きな心配するようなものはありません。
塗布時の軽い刺激があっても一瞬のことなので心配はいりません。
ただ、体質的によってはカブレやかゆみが発生したりすることがあります。
副作用の症状が酷い場合は一旦使用を中止し、皮膚科の医師と相談することをおすすめします。

ラミシールの購入方法は一般の薬局で購入することができますが、通販サイトでも簡単に購入することができます。
薬局まで行く時間がない方にはおすすめです。
通販サイトによって販売価格は異なりますので、比較して安いところから購入すると良いでしょう。
メーカー希望価格に対して2~3割程度安く販売している通販サイトが多いようです。