白くて綺麗な肌
  • ホーム
  • 足の臭いが気になったら水虫の可能性がある

足の臭いが気になったら水虫の可能性がある

蒸し暑い季節や履きっぱなしだった靴を脱いだとき、むっとする足の臭いを自覚する方は多いのではないでしょうか。
水虫が原因ではないかと焦る方もいるかもしれませんが、足の臭いの主な原因は水虫ではなく、足の裏でかいた汗がそのまま放置され、靴の中が高温多湿で不潔な状態であることです。

足の裏には汗腺が密集しているため、気付かないうちに実はたくさん汗をかいています。
1日にコップ1杯分の量ともいわれます。
汗の臭いといえば脇の下にあるアポクリン腺が発する汗のきつい臭いのイメージが強いですが、足の裏にある汗腺のエクリン腺が出す汗は本来は無臭で、タンパク質や脂肪を含むアポクリン腺の汗のような強い臭いを発する汗ではありません。
足から臭う特有の悪臭は汗の臭いではなく、繁殖した雑菌が原因です。

顔や脇などに汗をかくとベタついて気持ちが悪いので、すぐに拭いたり制汗スプレーを使用しますが、足の裏は靴下や靴などに覆われているのですぐに拭き取ることはほとんどありません。
大量の汗をかき、靴の中が蒸れて湿度が増した状態から雑菌が繁殖し、靴の内側までも雑菌が大量に繁殖して強い臭いを発生させるのです。

足や靴の不快な独特の悪臭は、雑菌が古い角質や皮膚を分解したとき発生させるイソ吉草酸が放出する臭いです。
くさや級の悪臭とも言われ、足の臭いは納豆の臭いにも例えられますが、イソ吉草酸は納豆にも含まれている物質で納豆の発酵の過程でもこのイソ吉草酸が発生しているのです。

臭いの原因となる雑菌は誰の皮膚にも存在する常在菌で、水虫の原因となる白癬菌はカビの1種なので菌の種類が違います。
しかしどちらの菌も高温多湿を好むため、足が臭うような雑菌が繁殖した不潔な状態は、水虫になりやすい条件が揃っているとも言えます。
また水虫の症状がすすみ、皮膚や柔らかくジュグジュグしている状態も雑菌が繁殖しやすくなっています。
足の臭いと水虫は全く無関係とは言えないのです。

足が臭う原因について紹介

足の臭いの主な原因は、足の裏に汗をかいた状態と不潔な状態の靴。
これらの条件が揃うことで雑菌が繁殖して、イソ吉草酸を発生させ強い臭いを発します。
それではどのような状態が足の裏に汗をかき、蒸れて雑菌の繁殖の原因になるのでしょうか。

足の裏にあるエクリン腺は精神的なストレスによる緊張でも発汗する傾向があり、緊張したときに汗をかく体質の人は足の裏にも大量に汗をかいています。
また辛い食べものや脂肪分が多い食べものを好んで食べる人も汗が多く、臭う傾向があるのです。
そして精神的なストレスは、免疫力が落ちる原因にもなっています。
精神的なストレスや外食で脂肪分が多い食べものを食べ続け、免疫力が落ちると菌に対する身体の抵抗力も落ちてしまうのです。

靴のなかでも女性が履くパンプスやブーツ、通気性が悪いストッキングは特に蒸れる傾向があります。
長時間、靴を履きっぱなしの状態は雑菌だけでなく水虫菌も繁殖しやすくなっています。
この状態で水虫菌が足に付着すると、蒸れた皮膚のタンパク質「ケラチン」を食べながら菌はどんどん増殖します。
ストレスや食生活が乱れた食べもの、不規則な生活で抵抗力が落ちるとさらに菌が活発に活動して症状が進行するのです。

水虫菌そのものが臭いを発することはないですが、水虫が原因で皮膚が荒れたりただれて抵抗力が落ちていると、そこからに雑菌が入り込んで臭いの原因物質を発生させる場合もあります。
痒みなどの症状はみられなくても、臭いがあるのは水虫が感染しやすい状態、強い足の臭いを自覚した場合はすでに感染している可能性もあるのです。
痒みを生じない水虫もあるので、強い臭いが気になる場合には、水虫を疑って足の状態をよく確認してみましょう。